なぜバイク買取の査定には差がつくのか

subpage01

バイク買取店での査定金額は、車種や年式を基本として計算されます。



中古バイクの市場価格には一定の相場があるため、良心的な買取店であれば、どこで査定を受けても大きな違いはありません。
このことを利用して、インターネットから短時間で査定を受けられるサービスもあります。
とは言うものの、実際に複数のバイク買取業者の出張査定を受けてみると、金額に数万円程度の開きが出るケースは時々見られます。

毎日新聞に関する予備知識の情報が満載です。

こうした差は何に由来するのでしょうか。


まず考えられるのは、走行距離や整備の状態です。
特に交換部品が消耗したり故障したりしてると、雑に取り扱われたバイクと見なされ、全体的な評価を落としてしまいます。
高額査定を希望するなら、日常的な点検整備を怠らないことが大切です。
査定前に清掃しておくだけでも、買取店のスタッフの第一印象は良くなるでしょう。


他店の査定額を引き合いに出して交渉することも、査定額アップに効果があるとされています。

ただしバイクそのものの価値が低い場合、むやみに駆け引きをしようとするとスタッフの心証を悪くし、逆効果になってしまう場合があります。

売りたいバイクと自分自身の交渉力に自信がある方は、この方法を試してみるのも良いでしょう。大手のバイク買取店は信頼性が高く、安心してバイクを売却できる反面、交渉には応じてもらいにくいところがあります。

中小の買取店はスタッフとの交渉次第で、売却価格アップを狙える余地があります。



どちらを選ぶかは本人の好みと言えます。