リサイクルショップにバイク買取を依頼する長所と短所

subpage01

リサイクルショップにバイク買取を依頼すると、査定のやり方が面白い、雑談をしながら見てくれるなどが長所です。
店長の年齢が年配に近い人だった際は、バイク買取を依頼すると、適切なやり方で調べてくれます。
店長自身が免許を持っている時は、エンジンをかけて実際に30mほど試し乗りすることがあります。
タイヤの前方部分を持ち上げて走行した時は、見た目がおかしいので笑っても不思議ではないです。

ですが、後輪のタイヤの状況を判断し、ハンドルの硬さやエンジンがきちんと動くかを知りたい時には、最適な調査方法と言えます。特にハンドル部分は事故を経験した時は、曲って掴みにくくなったり、柔らかくなってしまうのはよくある話です。
それらを調べるには、自身で直接バイクに乗るのが一番楽なやり方ですが、一般の人が見れば査定が面白いと感じるのは無理もないことです。



また、店長はお客を楽しませるため、査定をしながら色々な冗談を言うことがあります。

朝日新聞デジタルの専門サイトのこちらです。

お客に店に馴染んでほしいと考えてのことです。短所はバイトの店員が査定をする時は、バイク買取を依頼しないほうが無難なことです。

バイトの店員がバイクの査定をしようとすると、経験が足りないことから、査定にかける時間を手短に終わらせてしまうので注意です。店員の年齢が30歳以上なら大丈夫ですが、20歳代かそれより下の時は専門店に持ち込んだ方がいいです。


ただ、店の外にバイクが何台も置いてあれば、バイク買取をしてくれる店と判断できます。



その時は年配に近い店長がいるので、普通に査定を頼むことが可能です。